スポンサーサイト

--.--.--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECO CORAL TANK (report 3)

2009.07.23. 14:37

LED 1 LED 1

 ECO ECO って詩ってるのに ECO の話が無かったので。。。

 海水魚や特にサンゴの成長に欠かせないのがサンサンと降り注ぐ太陽光と常にきれいな海水。

それを水槽で再現するためには照明器具やろ過システムと常に水温を一定にするクーラーやヒーター等が必要で

 先ずは照明の話。

 サンサンと降り注ぐ太陽光を再現する照明器具がメタルハライドライト=通称「メタハラ」。

 サンゴでもハードコーラル飼育に成ると 150W 250W 級のメタハラを多灯しないとニョキニョキとは成らない。何とか蛍光灯で飼育可能なのはショートポリプ系のソフトコーラル。
 でも長期飼育となると厳しいとされているし自分が質問されてもかなり難しいと答えると思う。

 そのメタハラって奴をつければ良いじゃん?

 んじゃ ECO CORAL TANK の趣旨から外れてしまうので、自分は LED + 蛍光ランプの多灯で何処まで出来るか?に挑戦する事にしました。

 消費電力が極めて少ないのと電球の寿命が長いのが理由で最近の LED は高性能なものが出て来ているので。。。
 
 例えば 150W のメタハラを1日8時間点灯した場合

 150W x 8時間 = 1200W/h  

 1200W/h x 30日 = 36000W → 36kw

 電気料金の契約によって設定が様々だけど 1kw 21円で計算すると 756円/月

 で、今回自分のチョイスしたスーパーLEDだと

 7W x 8時間 = 56W/h

 56W/h x 30日 = 1680W → 1.68kw

 1.68 x 21円 = 35.28円/月 LED を 10灯点けても(10灯も点けないけど) 350円/月!!

 正直言って、ただ明るいだけでは無くて光の性質って事を考えるとあまりにも違いすぎるのでかなり難しいとは思うのだけれどソフトコーラルなら行けるんじゃないか?と・・・
 照明だけではなく水質も当然影響してくるのでこちらも ECO な濾過方法をリンクして深場系のミドリイシまでは試してみたいと思っています。

(この実験君がかなり高くついちゃいそうだけど・・・上手く行けば・・・)

 でも、これが成功したら今後のマリンアクアリウムは必ず変わって行くと思う。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://buoyancy0.blog44.fc2.com/tb.php/216-ec49384d
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。